BRICCO DEL DRAGO

LEGENDARY SUPER VINO DA TAVOLA - PODERI COLLA

《ブリッコ・デル・ドラゴ》Poderi Colla

1969年、それは歴史的で革命的なワインだった。

スーパー・ヴィーノ・ダ・ターヴォラ

1969年ヴィンテージは、ピエモンテで、いや恐らくイタリアでも最初の「スーパー・ヴィーノ・ダ・ターヴォラ」となった。それはピエモンテ土着品種のブレンドで造られ、ワインの呼称としてブドウ名ではなく、畑名を表示させたワイン「ブリッコ・デル・ドラゴ」だった。

デジャコミ博士のワイン

Bricco del Drago (Dragon's Hilltop - ブリッコは丘の頂上、ドラゴは竜の意)と中世から呼ばれるその畑の土壌とミクロクリマはドルチェット種に信じられないような「複雑さ」と「ストラクチャー」を授ける。その理由からルチアーノ・デジャコミ博士はドルチェットを柔らかくしようと考えた。

ドルチェット85%、ネッビオーロ15%、木樽熟成。

そのドルチェットに、フィネスとエレガンスを足すために少量のネッビオーロを加え、また木樽によりある一定期間の熟成をすることにした。その結果は、重要で際立つエレガントさと魅力をもつ、非凡な長期熟成型のワインとなった。これらの優れた特徴のため、デジャコミ博士は賢明にも、ワインに名前を与えるのにブドウ品種名は使わず、その元となる丘の畑の名前を選んだのである。

DOCではない。しかし優秀な畑からできた卓越したワイン。

畑名呼称のワインは法律では認められなかった。1994年に国際的な品種も許可した新しいDOC Langheができるまで、ブリッコ・デル・ドラゴはヴィーノ・ダ・ターヴォラに格下げであった。しかし、その品質は40年以上も前から誰もが認めるスーパー・ドルチェットであり、デジャコミ博士からの絶大な信頼により農地を引き継いだポデーリ・コッラが、今もその伝説のワインを世に送り続けている。


※Luciano Degiacomi : Enogastronomico (1921-1995)

Big image

テクニカルシート ブリッコ・デル・ドラゴ

《ブドウ畑》

品種:ドルチェット約85%;ネッビオーロ約15%

畑の向き:西

標高:海抜330~400メートル

作付け年:1970-1989-2000

株数:約5000株/ha

収穫量:4000リットル/ha

収穫時期:ドルチェット9月20日~30日;ネッビオーロ10月1日~10日

《カンティーナ》

二つのブドウは熟する時期が異なるため、それぞれ別に醸造される。木での熟成へ移る段階で二つのワインのブレンドがなされる。

ドルチェットのマセラシオンは最高25度で5~8日、ネッビオーロは30度で10~12日でなされる。木による熟成は、スラヴォニア産オークの大樽で18ヶ月~24ヶ月(収穫年による)ほどにもなる。ボトル詰めはフィルターなしで行う。

アルコール度数:13~14%vol.

総酸度:5~5,5g/l

エキス分:27~30g/l

Big image
貴重な1969年ボトルをCascine Dragoにあるポデーリ・コッラの試飲ルームで撮影。

ピエトロのデグスタツィオーネ

ピエトロ・コッラ氏によるブリッコ・デル・ドラゴの試飲の動画が見られます。(英語サブタイトルあり)

http://www.youtube.com/watch?v=HYRvLs-tj5Y

右の写真はピエトロの伯父、ベッペ・コッラ氏との一枚。

ワイン専門誌の評価

  • Wine & Spirits : Bricco del Drago 2008 91
  • Wine Advocate : Bricco del Drago 2008 90
  • Wine & Spirits : Bricco del Drago 2007 90
  • Wine Advocate : Bricco del Drago 2007 89+
  • Vini d'Italia : Bricco del Drago 2007 2 bicchieri rossi
  • Duemilavini : Bricco del Drago 2007 4 grappoli
  • I Vini di Veronelli : Bricco del Drago2006 90
  • Wine Advocate : Bricco del Drago 2006 91

Contact

日本市場への輸出については広田までどうぞ。

Mayumi Hirota asia@donizetti.it (広田真弓)

Federica Colla info@podericolla.it (フェデリカ・コッラ)