David Thayne's Native English Gym

Weekly E-Mail Newsletter vol.2

Hi everyone!


A lot of people in Japan want to learn English, but not so many people really succeed. I don't think the reason is because English is hard—I think it is because it takes time.

If you can continue to practice and study, I'm sure things will gradually get easier and easier. Then, when you need to use your English, you will have the skills you need.

Remember: The only way to succeed is to never stop trying!


:D Thayne


やあ、みなさん、元気にしていますか?


僕が日本に来てから、実に多くの日本人にお会いしました。そりゃあ、日本で30年も暮らしているんですから当然ですよね。日本では多くの方が英語を学びたい、英語を話せるようになりたい、と思って学び始めるんですが、うまく身に付けた人はそれほど多くはないんです。それは、英語が難しいからでしょうか? いいえ、僕はそうは思いません。それはですね、英語の学習は時間がかかるからだと思うんです。みなさんが、練習を繰り返し、勉強を続ければ、きっとどんどん英語が簡単になってくるはずなんです。そうなれば、いざ英語をしゃべらなければならなくなった時にも、必要な英語のスキルはしっかりと身についているでしょうね、きっと。

今日の一言

「成功するただ1つの道は、決してやめないこと!」


デイビッド・セイン

Daily English in the USA


「マンション」にはなかなか住めない


7月から、アサミの夫はロサンゼルスでの仕事をはじめます。それに先立って、7月末にロサンゼルスに来てとりあえずホテルに泊まり、家探しをはじめたアサミたち夫婦。そしてここで、アサミはアメリカでのはじめての英語のミスをおかしてしまいました! ホテルで教えてもらった不動産屋へ行き、こう言ったのです。


We’re looking for a mansion.

マンションを探しているのですが。

もうおわかりの人もいるかもしれませんね。これを聞いた不動産屋は、とても大きな一戸建ての家の写真を出してきたのです。日本でいう「マンション」は、英語ではmansion とは言いません。mansion は英語で「大邸宅」を意味することばです。そういえば、ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」The Haunted Mansion (幽霊屋敷) も、大邸宅ですよね。


では、日本でいうマンションは、英語でなんといえばいいのでしょう?


これは、apartment というのが一般的です。賃貸マンション、部屋、アパートなど、すべてapartment で OK です。「分譲式のマンション」の場合は、condominium と言います。また「高級マンション」と言いたいなら luxury apartment となります。ですから逆に、英語で "I live in an apartment." と言われた場合、「ひとりで、狭いアパートに住んでいるのか・・・」と考えてしまうのは勘違い、ということになります。

One Point English!


――家の呼び方いろいろ――


● 一戸建て: a house (*強調したいときはa single houseと言いますが、ふつうは単にa house と言います)

●分譲マンション: a condominium

●賃貸マンション・アパート: an apartment

● ワンルームマンション: a studio apartment

● 団地: a housing complex

● 新興住宅地: a new town

This Phrase


“Here’s looking at you, kid.”


このフレーズは1942年のアメリカ映画「カサブランカ/Casablanca」の中で使われた名文句です。第2次大戦中の1941年、親ドイツのビシー政権下、フランス領モロッコの町カサブランカ。ここでカフェ/cafeを営むリック/Rick (ハンフリー・ボガード、愛称「ボギー」)は、昔パリ/Parisで理由も告げず去った元恋人のイルザ/Ilsa (イングリッド・バーグマン) と偶然出会います。パリではシャンパン/champagne と幸せな笑みを交わしながらリックがイルザに ”Here’s looking at you, kid.” と乾杯/toast したものでした。ラストの場面、カサブランカの空港/airport で、涙を湛えたイルザの大きな瞳を見つめながら ”Here’s looking at you, kid.” と最後の悲しい別れの言葉を、しかもさりげなく語りかけるリック。


この ”Here’s looking at you, kid.”、日本では「君の瞳に乾杯」と訳されていますね。これは名訳という他ありません。Here’s は Here is の短縮で、乾杯の時に使われ言葉です。Here’s to ~. で「~に乾杯」。Here’s to you. と言えば「君に乾杯」です。Kid は「子供」だけど、ここではもちろん親しみを込めて呼びかけているのです。”Here’s looking at you, kid.” は「お前を見ていることに乾杯」だから、「君の瞳に」乾杯を捧げているのではなくて、実は「お前を見つめている私の幸せに」乾杯しているんです。とは言え、この場面の日本語の表現としてはこの「君の瞳に乾杯」という訳ほどロマンティック/romantic で場面にぴったりハマル表現は他にはないでしょう。人生の中で、たった1度でいい、こういう言葉を言ってみたい、言われてみたいものですね。


ちなみに、この映画「カサブランカ」はアメリカ映画ベスト100 の2位、”Here’s looking at you, kid.” はアメリカ映画協会の名セリフベスト100 の5位に選ばれたそうです。ぜひ1度ご覧になってください。

What's so Funny? American Jokes!

A ventriloquist is telling blond jokes in a bar when one of his audience, a young blond lady, stands up and complains.

“I have heard just about enough of your lousy blond jokes! ” she shouts.

“What makes you think you can stereotype women this way? What does a person’s hair color have to do with their worth as a human being?”

The ventriloquist is very embarrassed and starts to apologize. The blond interrupts. “Stay out of it, mister! I’m talking to the little bastard on your knee!"

バーで腹話術師/ventriloquist がブロンド・ジョーク/blond jokes を披露していると、客の中から若いブロンドのご婦人が立ち上がって文句を言う。「あなたのくだらないブロンド・ジョークはもううんざりよ!」と叫ぶ彼女。「よくもそんな風に女性をステレオタイプ/stereotypeで見れるわね! 人の髪の毛の色とその人の人間/human being としての価値/worth とは関係/have to do with ないんじゃないの?」腹話術師は自分が恥ずかしくなって謝り始める。するとそのブロンドがさえぎって言う「オジサン、あなたは黙ってて! 私、あなたの膝に座ってるそのチビのロクデナシ/bastard に話してるんだから!」


この金髪/ blond hair の女性は大変勇気/courage があります。正々堂々と正論を述べ/speak outたわけです。髪の毛の色で人間を判断/judgeするな! と。 おや?でもこのブロンド、腹話術師に、ではなく人形の方に腹を立てているようですね。この方は果たして賢いのか賢くないのか・・・。


金髪の女性をネタにしたブロンドジョーク/blond jokes はアメリカンジョークの中でも、ひときわ愛されているジャンルのジョークです。金髪女性は可愛くゴージャスで美しい。一方、オツムの方は・・・、というわけですが、言うまでもなく、これには全く根拠はありません。ちなみに、金髪と言えば、あの往年のハリウッド女優マリリン・モンロー/Marilyn Monroe をすぐに連想しますが、彼女が演じた役柄も本当に・・・・キュートでした。


このジョーク、笑える?笑えない?

We Love Dogs and We Love Babies!

Funny dogs and babies talking - Cute dog & baby compilation

ワンちゃんと赤ちゃんはとっても仲良しです。ちゃんとcall & responseが成り立っているようです。話の中身は彼らの間の秘密ですが、思わずにっこり微笑んじゃいますね。私たちも、赤ちゃんの頃は、こうやってワンちゃんたちと話ができたのでしょうね。こういう愉快な動画も掲載していきますので、お楽しみください!

For a smart workout


上手なワークアウトの進め方 その1


デイビッド・セイン英語ジムでは、会員の皆様にStage0(ゼロ) からワークアウトすることをお勧めしています。日本人は一般に頭が良く、また中学校から何年間も英語を学習しているために、「Stage0 なんか簡単すぎちゃって、聴かなくても分かるよ」とお考えの方もいらっしゃると思います。そうです。Stage0 程度でしたら、英文を見れば瞬時に意味がお分かりかと思います。「聴かなくても分かる」ここが味噌なんです。


では、natural speaking speed の English を「目をつぶって何も見ずに、聴くだけ」だったらどうでしょう。実はStage0 の各例文も、「何を言ってるんだか分からない」ことが多いのです。実際に目をつぶって試してみてください。先に一瞬でも英文を見てしまうと「こう聞こえるはずだ」という先入観が働いて、脳が聴き取れた「つもり」になってしまいます。これは誤解です。いくら誤解を重ねても、正解には至れません。英会話の習得には、先入観を遮断して「何を言っているのか分からない」環境に自分を置く必要があるのです。


言語は書き言葉=文字から始まったのではありません。言語は話し言葉=会話として始まったのです。人類が話し言葉を獲得してから10万年経ちます。一方、文字を発明してからせいぜい6000年しか経っていません。赤ちゃんが会話を始めるのは1歳半から2歳位でしょうか。文字を読み書きするのは5~6歳ですね。このように、言語は最初は話し言葉=会話から始まります。そして会話を理解し覚えるためには、相手の話を「しっかり聴き取れる」ことが大前提となります。


みなさんも、このことをしっかり心に留めながら、ワークアウトに臨んでください。1か月たち3か月たち、半年たつうちに、はっきりと効果に違いが出てきます。いろいろとご自分で工夫してみてください。具体的な方法は、また次回紹介しましょう。

David Thayne's Native English Gym

If you have any questions, please contact us anytime!


ご不明な点がございましたら、下記”デイビッドセイン英語ジム”までお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします。

なお、このメールが不要な方は、お手数ですが以下のようにお手続きください。①下の"Unsubscribe from emails by David Thayne E-Mail Newsletter" をクリックし→②次画面の"unsubscribe"または「登録解除」を全てクリック→③青のボタンをクリック ①②③の処理でメルマガが解除されます。この処理は、今後のメルマガの配信をブロックするだけで、会員の退会ではございません。