David Thayne’s Native English Gym  

Weekly E-mail Newsletter Vol. 97

Hi everyone!

When was the last time you ever met someone who was perfect? For me, it was.... Well, actually, I've nver met a perfect person. Because we are all imperfect, it means that we are always bumping against each other and causing problems for each other.

I'm trying my best to avoid causing problems for other people, but I'm not doing a very good job. Almost every day, I cause problems for other people. I guess everyone who lives with or near other people cause problems for each other. When this happens, we need to remember one word. "Sorry."

Sorry, is NOT a magical word. It doesn't fix every problem. But when you apologize with sincerity, you build a relationship of trust. It's like saying "I'm not perfect, and I hope you'll accept me anyway." And then by forgiving and saying "It's okay," it's like saying "Don't worry. I'm not perfect either." Sometimes the things we do to each other is very serious. In such cases, it can take years to be able to sincerely say "Sorry," and "It's okay." But it's the only way people can be imperfect and still have a good relationship.

Remember:
Apologizing and forgiving are the building blocks of a good relationship.
:D Thayne
あなたが一番最近、完璧な人に出会ったのはいつでしたか?私は...。そう、実を言うと私は完璧な人に会ったことがありません。私たちは誰でもみんな不完全なのだから、いつもお互いにぶつかり合って問題を起こしあっているんです。

私はできるだけ他の人の迷惑にならないように努めているけれど、あまりうまくいっているとは言えません。ほとんど毎日のように、人に迷惑をかけています。互いに近くに、または一緒に暮らしていれば誰だって互いに問題を起こして迷惑をかけあっているんだと思います。こういう時、1つだけ、ある言葉を覚えておきましょう。それは「ごめんなさい」。

ごめんなさい、は魔法の言葉ではありません。どんな問題も解決するわけではありません。でも、心から謝れば、信頼に満ちた人間関係を築けます。謝るのは「私は完璧ではないけれど、そんな私でも受け入れてください」と言っているのと同じで、今度は相手が許してくれて「いいんだよ」って言ってくれれば「心配いらないよ、私だって完璧じゃないからね」と言っているようなものです。時には、互いに大変な事をしてしまうこともあります。そんな時は、「ごめんなさい」「いいんだよ」って言うことができるまで何年もかかることもあるでしょう。それでも、これが、互いに不完全でありながらも良い人間関係を保てる、たった1つの方法なんです。

今日の一言:
謝ることと許すことは、良い人間関係を組み立てるレンガです
:D セイン


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Daily English

「under19/アンダー19」の意味は?

ここ数年で、サッカーの日本代表の年齢枠を表す「アンダー19」などの言葉が浸透してきたこともあり、under +数字、またはover +数字という使い方もすっかり定着してきました。
けれど、ここで1つ注意しておかなければならないことがあります。

英語で「~より多く」という意味を表す、more than ~、とか over ~などは、いずれも~に置く数量を含まない、ということを頭に置いておきましょう。日本語の「~以上」という表現は、その数量自体を含むため、両者を同一視すると、問題が起こる場合があるのです。

I've been waiting for him for more than two hours.
「彼を2時間以上待っているの」
この例文のように、おおよその数値を述べる場合は、「2時間」を含むか含まないかは大した問題ではありませんよね。

しかし、たとえば年金に関する文章で、「60歳以上の人は誰でも(受けられる)」と言いたい場合を考えてみましょう。
Anyone over 60 can.
と書くと、60歳の人は含まない、という表現になってしまい、大問題になってしまいます。このようなときは、ひとつ年齢を落として
Anyone over 59 can.
とする方法があります。これなら60歳は含まれますが、わかりにくいですよね。
「60」という数字をそのまま記述する方法として、
not younger than 60 あるいは
60 or more など、いくつかの表現がありますが、
Anyone 60 and over can.
とするのが、もっともシンプルで使いやすいでしょう。

ワンポイント
――「~以下」の場合は?――
日本語には「~未満」という表現がありますよね。 under ~あるいは less than ~という表現はこの「~未満」に相当しますので、
under 19 (アンダー19)
は、そのまま「19歳未満」になります。
ただし、ここでも、「~以下」というその数値を含めた表現にしたいときは、「~以上」の場合と同様に、 ~ and under ~ や ~ or less などの表現を用います。
children three and under 「3歳以下の子供」


&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

What's so funny? American jokes

A masked man walks into a bank and holds it up at gunpoint to rob the bank.
In the process of robbing the bank, his mask fell off. He quickly put it back on his face and asked the teller directly ahead of him if she saw his face .
She admitted that she did, so he shot and killed her. He then turned to the teller that was beside the one he just killed and asked if she had also seen his face. She said that she did and he shot and killed her too.
He then turned to a man, a customer who just happened to be in the bank when the robbery was taking place. The robber asked the customer if he had seen his face. The customer replied,
"No, but I'm pretty sure my wife did."
覆面男が銀行に入ってくると、銃をつきつけて銀行強盗に及んだ。
その最中に、かぶっている覆面が落ちてしまった。男はすばやく覆面を着け直して、正面にいた窓口係に顔を見たか訊いた。
担当の女性行員が見たというと、強盗は女性を撃ち殺してしまった。次に、撃ち殺した女性のすぐ隣の窓口の担当に顔を見たか訊いた。見たと答えるとこの女性も撃ち殺してしまった。
次に強盗は、たまたま銀行に来ていた男性の客の方を見た。強盗はこの客に顔を見たか訊いた。すると客は答えた、
「いや見なかったけど、私の妻は絶対に見てます」


???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

This week's topic

Mother's Day-May 8th

母の日―5月8日


5月8日は母の日/ Mother's Dayですね。母の日はみなさん御存じのように日にちが決まっていません。母の日は、毎年の「5月の第2日曜日」で、日ごろのお母さんの苦労をいたわり、お母さんに感謝する日です。多くの方が母の日をお祝いすると思いますが、みなさんはこの起源を御存じでしょうか?


母の日は、アメリカから始まりました。教会で教師をしていたアン・ジャービス/Ann Jarvisという女性が南北戦争(1861~1865)中に敵味方関係なく、負傷した兵士を助けようと地域の女性に声を掛けて立ち上がりました。彼女の死後、娘のアンナが母を偲び、アンが好きだった白いカーネーションを追悼式に贈りました。そのカーネーションがのちに母の日のシンボルとなりました。

アンナは友人たちに母の日を作って国中でお祝いすることを提案します。その想いに感動した人々は母を思いやる日の大切さを認識し、1908年5月10日にアンの生徒たちとその母親たちを教会に集めて最初の母の日を祝いました。その後1914年に母の日はアメリカの記念日となり、5月の第2日曜日と定められました。

そしてアンナはアメリカのみならず世界中でこのお祝いを広めようと尽力します。アンナは1913年に、東京の青山学院にメッセージを送り、当時青山学院で教鞭をとっていた女性宣教師たちがこれを熱心に広め、日本に徐々に定着していった、といわれています。最初日本では皇后陛下の誕生日を母の日としていたが普及せず、1949年ごろからアメリカと同じように5月の第2日曜日にお祝いするようになりました。
今では世界中に広まった母の日。アメリカと同じくオーストラリアやイタリア、中国、ブラジルなど多くの国は5月の第2日曜日を母の日と定めてお祝いしています。しかし、国によっては別の日を母の日としているようです。ノルウェーでは2月の第2日曜日、中東の多くの国では春分の3月21日、タイでは王妃の誕生日の8月12日にお祝いしています。

このように国によって日にちは異なっていますが、共通することはお母さんへの感謝の気持ちです。人が生まれ、成長し、学校を卒業して社会人となって自ら生計を立て自分の家庭を持つ。それまでの数千日に渡る長い日々、どれほど母親に手厚く保護され面倒をかけたか、その苦労はまったく想像の域を超えています。5月8日は母の日、この1日はお母さんに感謝の気持ちを込めて、「お母さん、いつもありがとう」と一言、伝えてくださいね。

What have we become?

Inspirational - What Have We Become 90% People Cry After Watching This
旧正月の食卓にたった1人の母親の姿が胸をうぐります。お母さんって、あれこれ工夫を凝らして、命がけで家族を愛してくれているんです。
One of the best gifts in life is time that you give to your family.
人生で最高の贈り物の1つが、あなたが家族に捧げる時間です。
という最後の字幕の言葉が心にしみます。「そうだ!一緒の時間を大事にしよう」

Respect your mom

Respect Your Mom. Must Watch
Respect your mom「お母さんを尊敬しなさい」
字幕のみの動画です。字幕が変わるのが早すぎる方は画面をクリックして一時停止で読み進めてみてください。以下には、字幕を書き出してみました。が、まずは、動画を見てください。「お母さん」って世界一偉大ですね。お母さん、ありがとう。

My mom
only had one eye.
私の母さんは
片目しかなかった

I hated her...
She was such an embarrassment.
私は母さんが嫌いだった...
あんな母さんでほんとに恥ずかしかった

She cooked for students &
teachers
to support the family.
母さんは生徒や先生たちの
給食を作って
家計を支えていた

There was this one day
during elementary school
where my mom came to...
ある日母さんは
授業中に
小学校にやってきた...

...say hello to me.
...私に声をかけてやろうと

I was so embarrassed.
私はとても恥ずかしかった

How could she
do this to me?
一体どうして僕にこんな
ひどいことをするんだよ?

I ignored her,
threw her a hateful look
and ran out.
私は母さんに返事もせず
にらみつけて
走って教室を出て行った

The next day at school one
of my classmates said,
"EEEE, your mom only has
one eye!"
次の日学校で
クラスメイトの1人が
「ヤーイ、お前の母さん
片目しかないんだ!」

I wanted to
bury myself.
穴があったら
入りたかった

I also wanted
my mom to just
disappear.
それに、
母さんにこの世から
消えてほしかった

I confronted her
that day and said,
その日
母さんに面と向かって言った

"If you're only gonna make me a Laughing
Stock
why don't you just die?
「僕を笑いものにしたいんなら
死んじゃえばいいのに」

My mom did not respond....
母さんは黙っていた...

I didn't even stop to think
for a second adout what I
had said
because
私は一瞬たりとも
考えもしなかった
自分がたった今言ったことを
どうしてかって

I was full of
anger
頭の中は
怒りで一杯だったから

I was oblivious
to her feelings
私は意にも介さなかった
母の気持なんか

I wanted out of that house,
and have NOTHING to do
with her.
私は家を出たかった
そして母さんとは縁を
切りたかった

So I studied real hard,
got a chance to go
abroad to study.
だからホントに一生懸命に勉強し
つかんだのだった
留学するチャンスを

Then, I got married.
その後、結婚もした

I bought a house of my own.
自分の家も買った

I had kids of my own.
I was happy with my life,
my kids
and the comforts.
子供たちも生まれた
人生に満足した
子供たちにも
満ち足りた生活にも

Then one day,
my Mother came to visit
me.
そんなある日
母さんが訪ねて
来た

She hadn't seen me in years
and she didn't even meet
her grandchildren.
もう何年も私には会っていなかったし
自分の孫たちにも
会ったことがなかった

When she stood by the door,
my children laughed at
her,
母さんが玄関の戸口に立つと
子供たちが
母さんを見て笑った

and yelled at Her
coming over
uninvited.
そして母さんを怒鳴った
誰も招待
なんかしてないよと

I screamed at her,
"How dare you come to
my house and scare my
children!"
私は母さんに怒鳴り声をあげた
「よくも僕の家に来て
怖がらせてくれたな
僕の子供たちを!」

"GET OUT OF
HERE, NOW!!!"
「出ていけ
ここから、今すぐ!!!」


And to this, my mother quietly
answered,
"Oh, I'm so sorry. I may have gotten
the wrong address."
そしたら母さんは静かな声で
こう応えた
「あら、ごめんなさい。私はどうやら
住所を間違えたようです」

And she disappeared
out of sight.
そして母さんは
行ってしまった

One day,
a letter regarding a school
reunion came to my house.
ある日
学校の同窓会を知らせる
手紙が届いた

So I lied to my wife that
I was going on a business trip.
そこで私は妻に
仕事で出張するとうそをついた

After the reunion,
I went to the old shack just out
of curiosity.
同窓会のあと
みすぼらしかった我が家に行ってみた
ほんの好奇心からだった

My neighbors said
that she died.
お隣さんが
母さんは死んだと言った

I did not shed
a single tear.
私は涙の一滴も
流さなかった

They handed me a letter
that she had wanted me to
have.
そのお隣さんから手紙をもらった
母さんが私に渡してほしい
とのことだった


"My
dearest son,
「私の
最愛の息子へ

I think of you all the time.
あなたの事をいつでも思っているよ

I'm sorry
that I came to your house and
scared your children.
すまなかったね
あなたの家を訪ねて
子供たちを怖がらせてしまって

I was so glad
when I heard you were coming
for the reunion.
お母さんはとても嬉しかった
あなたが同窓会に来るって
聞いたときは

But I may not be able to even get
out of bed to see you.
でも、あなたに会うために
ベッドから出る事さえできそうもないの

I'm sorry
that I was a constant
embarrassment to you when you
were growing up.
ごめんなさいね
あなたが子供の頃は
いつもいつも
恥ずかしい思いをさせて

You see...
あのね...

when you were very little,
you got into an accident,
and...
あなたがとても幼い頃
あなたは事故に巻き込まれて
そして...

...you lost your eye.
...片目を失ったのよ

As a mother,
I couldn't stand watching you...
お母さん
あなたを見ていられなかった...

...having to grow up with one
eye.
...片目のままで大きくならなければ
ならないかと思うと

So...
だから...

...I gave you mine.
...お母さんの片方の目をあなたにあげたの

I was so proud of my son who was
seeing a whole new world for me,
in my place
with that eye,
お母さんとても誇らしかった
私の息子が私の代わりに
私の目で
私のために、この新しい世界を見てくれるのが

with all my love to you.
お母さんの愛をすべてあなたが受けてくれて

Your mother
お母さん
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

David Thayne’s Native English Gym

If you have any questions, please contact us anytime!


ご不明な点がございましたら、下記“david-thayne.com”までお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします。

なお、このメールが不要な方は、お手数ですが以下のようにお手続きください。①下の“Unsubscribe from emails by David Thayne E-mail Newsletter”をクリックし→②次画面の“Unsubscribe”または「登録解除」をすべてクリック→③青のボタンをクリック ①②③の処理でメルマガが解除されます。


※この処理は、今後のメルマガの配信をブロックするだけで、会員の退会ではございません。