David Thayne's Native English Gym

Weekly E-mail Newsletter Vol. 39

Hi everyone!

In Japan, it seems like the weather changes very quickly. One day it's hot and the next day it's cold. It seems very difficult to predict the weatherーand even more difficult to change it! Some things in our world we can change, but we can't do anything about other things.


I try to accept the things I can't change and focus on changing the things I can change.


Remember:
The only thing that doesn't change is change.
:D Thayne

日本では、天気が変わりやすいみたいですね。ある日暑いかと思えば、次の日は寒かったりします。お天気を予測するのはとても難しそうです――でも、お天気を変えるのはさらに難しいですが。この世の中には、私たちが変えられることもあれば、変えられないこともあります。私はいつも、


自分には変えることができない事は素直に受け入れて、自分が変えられる事を一生懸命に変えようと努力しています。

今日の一言
唯一つ変わらないことは、変化することだ。
:D セイン

#############################################

Daily English

「~しないと思います」に注意!


英会話のクラスで

「明日は雨は降らないと思います」

という簡単な文章を英語で言ってみる、というレッスンがありました。アサミはこう言いました。

I think it will not rain tomorrow.

日本語の「降らないと思う」という言い回しに引きずられてこういう表現にする人は多いと思います。

けれど、この言い方は英語らしくありません。ディビッドは次のように説明してくれました。


日本語と英語の大きな違いのひとつに、日本語は文章自体があいまいなものが多いのに比べ、英語では文章をできるだけ「明確に」する言語である、というものがあります。そのため英語では、否定語はできるだけ文の始めの方に置くというルールがあるのです。日本語と逆ですね。

そのため、「~しないと思う」と言う場合も、notは最初にもってきて、

I don't think it will rain tomorrow.

とするのが正しい言い方です。

これは頭で考えながら話してもなかなか身につきません。何回も繰り返し口に出して、体で覚えるようにしましょう。


ワンポイント

――意見を戦わせるときは――

誰かと意見を戦わせるとき、相手がこう言ったとします。

I think the prime minister will quit.

わたしは首相は辞めると思います

これに反対の意見を述べる場合は、文を対比させるために、

I think the prime minister will not quit.

わたしは首相は辞めないと思います

という形で、notを後に持ってくるということも、頭においておきましょう。



#####################################################################

This Phrase

Two little mice fell in a bucket of cream. The first mouse quickly gave up and drowned. The second mouse, wouldn't quit. He struggled so hard that eventually he churned that cream into butter and crawled out.

小さなネズミが二匹、クリームの入ったバケツに落ちた。一匹はすぐあきらめ、溺れてしまった。二匹目のネズミはあきらめなかった。もがいてもがいてついにはクリームをバターに変え、バケツから這い出した。
クリームをかきまぜ続けると、やがて固いバターになります。ネズミがこれを知っていたわけはないのですが、助かろうと必死に手足をバタつかせているうちに、足元のクリームが固まってバターになり、結果的に命が助かりました。「決してあきらめない」ことの大事さを例えた寓話ですね。
このPhrase が登場するのは、2002年アメリカ映画Catch Me If You Can/キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(主演:Leonardo Dicaprio/レオナルド・ディカプリオ、Tom Hanks/トム・ハンクス、監督:制作Steven Spielberg/スティーブン・スピルバーグ)です。ディカプリオ演じる主人公フランク・アバグネイルJr.は16歳の高校生。映画の冒頭で、気質(かたぎ)な商店主である父が地元のロータリークラブの終身会員に推薦され、受賞スピーチで父がこのphraseを述べます。父は税金の支払いにも借金の取り立てにも苦労しながらなんとかやっと店を開いている、そういう自分の姿を、このスピーチで表現したかったのでしょう。
この直後父と母は離婚することになり、フランクは家出をし金に窮しますが、ひょんなことから小切手を偽造して成功し、旅客機のパイロット、医者、弁護士と 次々となりすまし、全米を股にかけて小切手詐欺を働きます(まだ高校生の少年です!)。そんな詐欺師フランクを追うのが、FBI捜査官カール・ハンラティー(トム・ ハンクス)。この追跡劇がどうなるか気になる方は、是非一度映画を見てお楽しみください!

このフランク・アバグネイルJr.は実在の人物で、今 年67歳になります。現在は、自分の犯罪経験を活かしてセキュリティーコンサルタントとして大成功するかたわら、FBIにも捜査協力しているそうです。果たして実物 のフランクの人生も、この2匹目のネズミのようだったのでしょうか。


&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

What's so funny? American jokes

An old man is out driving on the motorway when his mobile rings. It's his wife calling.
She says she's just heard on the news about a car that's driving the wrong way up the motorway.
"I know," says the old man. "But it's not just one car. It's hundreds of them."

老人が高速道路で車を走らせていると、携帯電話が鳴る。妻からの電話だ。車が1台、高速道路を逆走しているというニュースをたった今聞いた、と妻が言う。
「わかってる」と老人。「でも、たった1台じゃないんだ。何百台も逆走してきてるんだ」

(副音声)そう、あなたですよ、逆走してるのは…。運転にはくれぐれも気を付けてくださいね。

このジョーク、笑える?笑えない?


????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

This Topic

Mason Jar Salad
メイソンジャーサラダ

今、New York/ニューヨークのoffice worker/オフィスワーカーたちの間で大流行しているMason Jar Salad /メイソンジャー・サラダ、最近日本でもTVなどで取り上げられていますが、ご存知でしょうか?サラダと言えば、野菜サラダ、ポテトサラダ、ツナサラダ、ごぼうサラダ、マカロニサラダ、コールスローなどまだまだありますが、このメイソンジャー・サラダは何のサラダ?実は、何でもお好みのものでいいんです。自分の好きなドレッシングと野菜類を広口ビンに何層にも分けて入れて作ったサラダなんです。
Mason Jar というのは、アメリカのBall 社製の広口ビンで、アメリカの一般家庭では、ジャム容器などに広く使われています。日本では「ビン」の英語はbottle/ボトルだと思っている人も多い ようですが、bottleはあくまでワインボトルやビールビンなどの細口ビンのことで、ジャムやピクルスなどを入れる広口ビンはjar なのです。bottle と jar は全くの別物なので、英語ではきちんと使い分けたいところです。

このMason Jar 、フタが二重構造になっていて、外側の溝の付いているフタを回すと、内側のフタがビンに密着するようにできています。だから機密性が高く、ジャー・サラダ も冷蔵庫で4、5日保存でき、野菜のシャキシャキ感も保てるそうです(そこがプラスチック容器と違うところです)。日曜日に1週間分のランチサラダ を作ってしまうオフィスワーカーもいるとか。日持ちもするし持ち運びも出来る、いままでのサラダの概念をひっくり返す、まさにサラダ革命ですね。
さて、ではMason Jar Salad の作り方をご紹介しましょう。
Mason Jar の中に入れていくコツ(順番)があります。
①最初に底にお好みのドレッシングを入れます。サラダ全体が水浸しにならないためです。
②次にドレッシングを吸収しにくい固めの野菜を入れます。豆、ニンジン、キュウリ、ラディッシュ、ナッツなど。
③柔らかめの野菜を入れます。トマト、アボガドなど。
④場所を取る葉野菜を入れます。レタス、ホウレン草など。
⑤少量のトッピングをアクセントとして入れます。チーズ、、フレーク、ドライフルーツ、クルトンなど。
①は必ず守りましょう。⑤は無くてもいいですが、その他、自分の好きなようにハムやツナ、ゆで卵などをアレンジして③のところに入れてもいいでしょう。

最後に、食べるとき。ビンごと振って、ドレッシングを万遍なく行き渡らせてから、フタを開けてお召し上がりください。きっとその美味しさに舌つづみを打つことでしょう。これが新しいサラダの夜明け、なんて大袈裟でしょうか?
なお、Mason Jar は日本ではAmazon を通じて購入できます。480ml、16ozのものが手ごろなサイズです。キャップの中ブタを変えれば様々な用途に使えるようです。Salad のレシピはインターネット上にたくさん載っていますので、是非一度みなさんも試してみてはいかがでしょうか?
#####################################################################

Tiny Sydney

Tiny Sydney
見事な動画です。ミニチュアを使ってコマ送り撮影で、オーストラリアのシドニーの情景を描いております。まるで動くジオラマ、かと思ってよーく目を凝らしてみると、な、なんと、これは実写ではないですか!ちっちゃな人々が動きまわり車や船が行き来する、雲が流れ、波が寄せては退く。シドニーのオペラハウスが見える。街の明かりがともり夜のとばりが下りてゆく。なんともかわいいTiny Sydney/ちっちゃなシドニーですね。イタリアの写真家Filippo Rivettiさんの tilt shift/ティルトシフトという技術を使った作品 Tiny Sydneyです。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

David Thayne’s Native English Gym

If you have any questions, please contact us anytime!


ご不明な点がございましたら、下記”david-thayne.com”までお問合せください。どうぞよろしくお願い致します。

なお、このメールが不要な方は、お手数ですが以下のようにお手続きください。①下の"Unsubscribe from emails by David Thayne E-Mail Newsletter" をクリックし→②次画面の"unsubscribe"または「登録解除」をすべてクリック→③青のボタンをクリック ①②③の処理でメルマガが解除されます。


*この処理は、今後のメルマガの配信をブロックするだけで、会員の退会ではございません。