David Thayne’s Native English

Weekly E-mail Newsletter Vol. 106

Hi everyone!

I sometimes say I’m going to do something, but then I don’t do it. In the morning, I often make a list of the things I need to do, but at the end of the day, I usually don’t accomplish them all. Sometimes, I’ll only accomplish one or two of the ten tasks on the list. This can be quite discouraging.


I’m worried that if I do this too often, then my words and my actions will become completely different things. I’ll say I’m going to do something, but other people won’t believe me, and even I won’t believe myself. Even if I say I’m going to do something simple and easy, I won’t have the confidence to do it, and no one around me will believe in me enough to help me to do.


I want my words and my action to be the same. I want to do all the things that I say I’m going to do. Maybe I’ll never become perfect at this, but as I get better and better at doing the things I say I’m going to do, then people around me will start to believe me. I’ll gain more confidence in myself, and I will know that even if I say I’m going to do something really big, really important and really difficult, I’ll be able to do it--and I will do it. And people around me, will know this, and they’ll also take action to help me.


Remember:

Dreams come true when you turn your words into your actions.

:D Thayne

やあ、みなさん!


あれをやる、と口では言いながら、結局やらないことがあります。私は、朝起きてから、今日1日しなければならない事のリストをよく作ります。でも1日が終了するまでに、そのリストを全部は達成できていないことがほとんどです。時には、リストに10項目を書いたとして、そのうちの1つか2つしかしなかったこともあります。そんな時は、本当にがっかりします。


心配なのが、こんなことばかりしていると、言うこととやることが全くかけ離れてしまうことです。私が「やる」と言っても、人は信じてくれなくなるでしょうし、もっと言うと、自分で自分を信じられなくなります。単純でたやすいことでも、それをやり通す自信が持てなくなるし、誰も私を信じて助けてくれようともしなくなるでしょう。


私は、自分の言葉と行いを一致させたいと思っています。自分が「やる」といったことはすべて実行したいと思っています。たぶんこの点は、いつまでたっても完璧にはならないでしょう。でも、自分が「やる」って言ったことをうまく実行できるようになればなるほど、周りの人も私を信じ始めてくれるでしょう。自分にも自信がついてくるし、そして自分でもわかるようになるんです、私がすごく大きなこと、すごく重要なこと、そしてすごく難しいことを「やる」って言ったら、自分にはそれが実行できるし、実際に実行するんだっていうことが。周りの人もそれを知って、私を助けようと行動を起こしてくれるようになるんです。


今日の一言:

自分の言葉と行動を一致させたときに夢は実現する。

:D セイン



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Daily English

「君はそれをつかまえるだろう」とは?


アサミは今日、お隣のサリーの家でいっしょにランチを食べました。しばらくすると、ブラウン家の子どもたちのピートとミッシェルが小学校から帰ってきましたが、サリーは「少しの間、用事で外出しなければならないので、よかったら、子どもたちを見ていてくれないかしら?」と言います。ブラウン家の子どもたちともすっかりうちとけていたアサミは、快く引き受けたのですが・・・。

サリーが出掛けてまもなくすると、ピートが部屋の中を走りまわりはじめ、棚に飾ってあったきれいなカップを割ってしまったのです。

これを見て、ミッシェルがこう言いました。

You're gonna catch it.

catch itって? もう割れちゃったから、「キャッチする」ことはできないし、どういう意味? と思ったアサミ。

みなさんは、この英語の意味、わかりますか?

catch itは、直訳すると「それを捕まえる、それをキャッチする」という意味ですが、一般的なアメリカ英語の口語では、特に子どもなどが「叱られる」「ばつを受ける」という意味で用いるのです。

つまり、

You're gonna catch it.

という表現は、

「そんなことをしたらしかられるよ」

という意味になるということです。


ベビー・シッターでありながら、親の留守中に子どもがカップを割った上、彼らの使う英語も理解できなかった・・・とちょっとへこんでしまったアサミです。


ワンポイント

――鬼ごっこの「鬼」って英語で何と言う?――

なんだかちょっと漠然としていて、見過ごしがちな代名詞 it。けれど、it を意味のある「名詞」として使うこともあります。鬼ごっこの「鬼」は it なんです。

「次は君が鬼」は

Now you’re it.

と言います。



&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

phrase of the week

うーらら、うーらら、うらうらで
うーらら、うーらら、うらうらよ


先日、テレビ朝日系「徹子の部屋」に、歌手の山本リンダさんが出演されていました。いまだ美しい姿で活躍されていることに少しばかり驚いたのですが、番組の中で、ご自身のヒット曲「狙いうち」と「どうにもとまらない」の2曲をキッレキレの踊りとともに歌っておられました。「なっつかしい!」と思って観ていたのですが、特にそのうち、「狙いうち」のなかの一節「うーらら、うーらら、うらうらで」のくだりは、曲名は知らなくても「うーらら」と言えばあの歌だとわかる、というほど頭にこびりついて離れない特徴的なフレーズでしたね。
ところで、昔から頭を悩ませていたのが、この「うーらら、うーらら、うらうらで」という歌詞なんです。最初は、
「裏ら裏ら裏裏で、裏ら裏ら裏裏よ」
だと受け取っていましたが、はてさてそれが家の裏か店の裏かはたまた学校の体育館の裏か、それにしても歌の内容とは関係がなさそうだし、まったく意味が定かでない。そもそもこれは日本語なのかしらん?

ところがなーんと、国語辞典を調べると「うらら」という単語がありました!なーんだ、日本語だったのか!漢字は「麗ら」。唱歌「花」の歌詞にも、「春のうららの 隅田川」とある、あれです。「麗ら」の意味は「空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま」だそうです。なるほど、春の日、隅田川がのどかにゆっく り流れているさまが想像できそうで、実に、のーんびりした気分になって、思わず「日本の春は良いなあ」とつぶやいてしまいそうです。

つまりこの歌詞の正体は
「麗ら麗ら麗麗で、麗ら麗ら麗麗よ」
だったのです。

で もだがしかしbut, however 、待てよ待て。リンダさんの「狙いうち」の歌詞、たとえば「この世は私のためにある」とか「弓をきりきり心臓めがけ、逃がさないぱっと狙い撃 ち」というエキセントリックで攻撃的で自己中な歌詞からすると、この「うーらら」は、日本語の「麗ら」ではありえません、絶対に。
ならば、「アブラカダブラ」とか「ビビディバビディブー」のような呪文の一種なのでしょうか?それとも、天才バカポンの「タリラリラ~ン」とか巨泉さんの「はっぱふみふみ」のような意味のないナンセンス言葉で、だから聞き流せばよいのでしょうか?結局、謎は未解決。
ところがある時、ある英語の歌を口ずさんでいるときに、「あ、『うーらら』って、これか!」と思い当たりました。実は、英語には「うーらら」という単語(間投詞)があったのです。つづりは
"Ooh-la-la"
で発音は「うーらーらー」

このときの歌というのは、Don/ドンと Phil/フィルの兄弟デュオThe Everly Brothers/エヴァリーブラザーズの1957年のヒット曲Wake Up Little Susie/起きろよスージー。この中で
What are we gonna tell your Mama
what are we gonna tell your Pa
What are we gonna tell our friends
When they say "Ooh lala"
というフレーズがあります。
Ooh la la「うーらーらー」
は「あれま」「おやま」「ひぇー」「すんげー」「ひでー」「どうしよう」とか、驚きや落胆や喜びや、時には性的興味で「いかす!」という意味のおどけた間投詞です。
映 画Back to the FutureⅡ/バック・ツー・ザ・フューチャー2でも、Marty Mcfly/マーティー・マクフライが自分の秘密のAlmanac/年鑑本を取り戻したと思って表紙をめくってみるとセクシーなフランスの男性誌Oh la laだったのでびっくりしてooh la la! を連発するシーンがありました。

Ooh la la の語源はフランス語の
Oh la la(発音は『おーらっらっ』)
で、「ほら、あそこ(la は英語の there)」というもともとの意味に加えて「あら」とか「まあ」という意味のようです。
Oh là là ! J'ai oublié mon portefeuille !
Oh no, I forgot my wallet!
いけない!財布忘れた!
なんて使うようです。

こ のOoh la la は普通におどけて使う英単語で、歌にも映画にもよくでてくる表現、というわけでした。そういえば、the Beatles/ザ・ビートルズのYou Won't See Me/ユー・ウォント・シー・ミーの中でも、Paul/ポールのボーカルに、John/ジョンとGeorge/ジョージがOoh ooh la la la とバックコーラスをつけています。

さあ、果たして山本リンダさんの「うーらら、うーらら、うらうらで」の正体が、この英語のooh la la だったのか、は永遠の謎としておきましょう。誰か芸人さんがこの「うーらーらー」を、日本でも復活させて流行らせてくれませんかねえ?え?お前がやれって?『うーらっら!』
The Everly Brothers - Wake Up Little Susie ( 1957 )
Oh LaLa?
The Beatles - You Won't See Me - Lyrics
♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫

What's so funny? American jokes

A blonde hurries into the emergency room late one night with the tip of her index finger shot off. “How did this happen?” the emergency room doctor asked her. “Well, I was trying to commit suicide,” the blonde replied. “What?” sputtered the doctor. “You tried to commit suicide by shooting your finger off?” “No silly!” the blonde said. “First I put the gun to my chest, and I thought: I just paid $6,000.00 for these breast implants, I’m not shooting myself in the chest.” “So then?” asked the doctor. “Then I put the gun in my mouth, and I thought: I just paid $3000.00 to get my teeth straightened, I’m not shooting myself in the mouth.” “So then?” “Then I put the gun to my ear, and I thought: This is going to make a loud noise. So I put my finger in the other ear before I pulled the trigger.”

ある晩、ブロンド女性が病院の緊急外来に飛び込んできた。人差し指が先っちょを拳銃で吹き飛ばされていた。
「どうしてこんなことになったの?」
と担当医がブロンドに訊いた。
「あの、私自殺しようとしたんです」
とブロンド。
「何だって?」
と医師があわてて聞きかえした。
「自分の指をピストルで撃って自殺しようとしたのか?」
「あんた馬鹿じゃない?」
とブロンド。
「最初、ピストルを胸に当てたの。でも思ったの、『私豊胸手術に6000ドルも払ったばかりだし。私、胸は撃てないわ』って」
「それで?」
と医師。
「それで、ピストルを口にくわえたの。でも思ったわ『歯の矯正に3000ドル払ったばかりだし。私、口は撃てないわ』って」
「それで?」
「それで、ピストルを耳に当てたの。でも思ったの『きっと大きな音がするわ』って。だから、指でもう片方の耳をふさいでから引き金を引いたのよ」

(副音声)さっすが私たちのアイドル、ブロンド美女!弾が頭の中を通って、直接指に当たったってことね?他の人には絶対できない芸当よね!


???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

What's this? Square or Circle?

Ambiguous Cylinder Illusion
今、マスコミでも注目を集めている、不思議な物体です。ある方向から見たら四角く見える筒が、鏡には丸い筒に映っています。これを180度方向を変えると、あーら不思議、あら不思議!形が逆転します。画面の編集とか、そういう不正は一切ありません。いやーわからん。このambiguous cylinderは明治大学の杉原厚吉博士の研究作品で、2016年ベスト錯覚コンテスト/Best Illusion of the Year Contestで2等を受賞しました。でも、単純な錯覚でもなさそうですが。
Super Simple Squircle or Ambiguous Cylinder
ambiguous cylinderは杉原教授から設計データを入手して3Dプリンターを使えば誰にでも本物が作れますが、簡単に安く自分で作れる方法を紹介しているのが、この動画です。すぐにできますから、やってみてください。驚きですよ。
Ambiguous Garage Roof
おまけに、杉原教授の作品動画をもう1つ。Ambiguous Garage Roof です。これも、ふーむ、不思議にゃりーん!


???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

David Thayne’s Native English Gym

If you have any questions, please contact us anytime!


ご不明な点がございましたら、下記”david-thayne.com”までお問合せください。どうぞよろしくお願い致します。

なお、このメールが不要な方は、お手数ですが以下のようにお手続きください。①下の"Unsubscribe from emails by David Thayne E-Mail Newsletter" をクリックし→②次画面の"unsubscribe"または「登録解除」をすべてクリック→③青のボタンをクリック ①②③の処理でメルマガが解除されます。


*この処理は、今後のメルマガの配信をブロックするだけで、会員の退会ではございません。